Adobe Auditionでノイズや呼吸音を除去する方法 | Premiere Pro | 2022年最新版

動画編集
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

この記事はこんな方におすすめです。

  1. Adobe Auditionでノイズ除去する方法を知りたい。
  2. 風やエアコン、車の音など、
    複雑に混ざりあった音声をクリアに聞こえるようにしたい。
  3. 鼻息や息の音など消したい特定の音がある。
  4. Adobe Premiere Proでうまくノイズを消せなかった

当てはまりましたか?

この記事では私も使用しているオーディオ編集ソフト「Adobe Audition」を使用したノイズ除去方法をご紹介します。Adobe Auditionは音声の編集に特化したソフトです。

Adobe Audition」は「Adobe Creative Cloud」の中に入っています。

アドビの「Adobe Premiere Pro」と「Adobe Audition」との相性は抜群なのでぜひやり方を覚えていってください。

maico
maico

それでは始めましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Adobe Auditionでノイズを除去する方法

maico
maico

Adobe Premiere Proで編集をしている前提で説明していきます。
まずは「Adobe Premiere Pro」を立ち上げましょう😎

Adobe Premiere Proでの操作

まず適応させたい音声のクリップを選択し、右クリックAdobe Auditionで編集を選択します。

Adobe Auditionの立ち上げ方

Adobe Auditionが立ち上がります。

Adobe Audition画面

Adobe Audition画面(波形エディター)が開きます

左上に表示されているギザギザのマークをクリックします。

周波数をスペクトル表示します
maico
maico

ショートカットキーの場合はshift+Dを押します

クリック後、音が可視化されます。

周波数スペクトル表示画面
緑色の線(波形エディター)の下に赤いノイズが現れます。
maico
maico

周波数がスペクトル表示された状態になります。
音が可視化された状態です。

このスペクトル状態で専用のツールを使うと部分的に消したり、補正することができます。
やり方は後半で紹介します。

まずはノイズの除去方法から解説していきます。

ノイズを選択する

スペースキーを押しましょう。音が再生されます。(再生のストップもスペースキーです)
ノイズがどこにあるか確認します。

スペースキーで再生

ノイズの箇所が確認できたら音を選択します。
緑で囲ったエリアをクリックしたままドラックしましょう。

消したい音の範囲をクリック&ドラッグで選択します
maico
maico

ここで重要なのは、ノイズだけの部分を選択することです
声など、消したくない音は選択しないでください
選択した音をノイズとして記録します

ノイズをキャプチャする

ノイズが選択されたままの状態で、
shift++Pを押します。(Windows=shift+Ctrl+P

maico
maico

この工程はショートカットキーを覚えておくと効率的です
3つ同時に押しにくいときは
shiftをしっかり選択してから
最後にPを押します。

メニューから選ぶ場合は「エフェクト」→「ノイズリダクション/リストア」→「ノイズリダクション(プロセス)」をクリックします。

ノイズリダクション画面の開き方

設定画面「エフェクト-ノイズリダクション」ウィンドウが開きます。

エフェクト-ノイズリダクション画面での操作

ノイズプリントをキャプチャをクリックします。

ノイズプリントをキャプチャ

選択した音がノイズとして記録されます。

ファイル全体を選択をクリックします。

ファイル全体を選択

ファイル全体が選択されます。

maico
maico

ノイズの除去をファイルの全体に適応させたいので
ファイル全体を選択しました。

以下の箇所の設定入力をします。

ノイズリダクション オプション設定

ノイズリダクション オプション設定

ノイズリダクションの数値を70%

ノイズリダクション70%

削減値を10dB

減値10dB

スペクトルディケイレートを60%

スペクトルディケイレート60%

精度は10

精度10

スムージング 50

スムージング50

トランジション幅=10dB

トランジション幅10dB

すべて入力できたら適応をクリックします。

選択したノイズが軽減されました

ノイズが軽減されました!

maico
maico

ノイズが上手く取れていないと感じた時は
もう一度この工程を繰り返してみてください。

スポンサーリンク

特定の音を消す方法

ツールを使って音を消します。ツールは画面の上部に表示されています。

5つのツール

全部で5つのツールがあります。ツールは周波数のスペクトル表示状態で使えます。

周波数のスペクトル表示

5つのツール

  1. 時間選択ツールT
    前のセクションでノイズ選択する時に使っていたツールです。
    波形エディターでも使えます。( 波形エディター = 緑の波形
  2. 長方形選択ツールE
    四角い選択ツールです。
  3. なげなわ選択ツールD
    囲ったエリアを選択できるツールです。
  4. ブラシ選択ツールP
    ブラシでなぞったところだけを選択します。
  5. スポット修復ブラシツールB
    選択した箇所を自動で修復(消去)してくれるツールです。

0204のツールで選択した音はdeleteキーで消去ができます。

また前のセクションで紹介したノイズリダクション画面からノイズを取り除くこともできます。

ノイズリダクション画面の開き方は

shift++PWindows=shift+Ctrl+P

実際にやってみましょう。

時間選択ツール(T)は前のセクションで紹介したので省略します。

長方形選択ツールE

四角い選択ツールです。選択した部分だけを選択することができます。
選択した音はDeleteキーで消去もできます。

長方形ツールの使い方

なげなわ選択ツールD

囲った部分を選択できるツールです。shiftキーで複数選択も可能です。

なげなわ選択ツールの使い方

ブラシ選択ツールP

ブラシでなぞったところだけを選択することができます。

ブラシ選択ツールの使い方

スポット修復ブラシツールB

修復したいところをなぞるだけで音を修復(消去)してくれるツールです。

スポット修復ブラシツールの使い方
maico
maico

周りの環境に合わせて自動で修復します。
鼻息や息の音など、
ちょっとした音を消す時にとっても便利です。

注意したいこと

時間選択ツールでDeleteは使わないで

時間選択ツールDeleteを使うと動画と音声がズレてしまいます。
選択した状態でDeleteキーは使わないようにしましょう。

時間選択ツールで注意すること
maico
maico

時間選択ツールで選択した音はDeleteキーを使うとカットされてしまいます。その分の音がなくなりますので、動画と音声がズレる原因になります。Deleteキーは使わないほうが良いでしょう。

編集した音は+S で保存しよう

ファイル名*の後ろに(*)マークが表示されていると保存されていない状態です。

+Sで保存しましょう。

自動で「Premiere Pro」側でも反映されます。

複雑に混ざりあった音声をクリアに聞こえるようにする場合

以下のような混ざりあった音があるとします。

混ざりあった音イメージ

音には「メインとなる声」「エアコンの音」「車の音」などが含まれています。

この場合もなるべくノイズだけの部分を見つけだし「 長方形選択ツール」などで選択します。

混ざりあった音をクリアにする方法

ノイズリダクション画面からノイズを除去しましょう。クリアな音声になります。

まとめ

Adobe Auditionの使い方をさらりと紹介しました。

特定の音を消したい時は「 長方形選択ツール」などで選択し、ノイズリダクション画面から音をキャプチャ。その後、ファイル全体に適応させると一括で削除でき便利です。

キャプチャした音は記録されているので、他のファイルにも適応させることができます。

ぜひ、やってみてください⸝⋆

ノイズリダクション画面の開き方は

shift++PWindows=shift+Ctrl+P

Adobe Premiere Proの新機能エッセンシャルサウンドパネルからノイズを取る方法も簡単なのでおすすめです。

参考記事

関連記事

コメント